ビフィズス菌 効果

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は、正式には「ビフィドバクテリウム」と呼ばれる「善玉菌」の一種で、腸内に生息しています。

 

ビフィズス菌の一番の特徴は「偏性嫌気性」。

 

つまり、ビフィズス菌は、酸素の場所では生息することができないということです。
そのため、酸素のない腸内は、ビフィズス菌にとって最も適した環境なのです。
腸内には、ビフィズス菌以外にも多くの善玉菌が存在しますが、ビフィズス菌の数は1兆~10兆個にも及ぶといわれており、これは腸内に住む善玉菌の99.9%を占めます。
つまり、ビフィズス菌の数が腸内環境を大きく左右するといっても過言ではありません。

 

ところで、ビフィズス菌にも種類があることはあまり知られていません。
ビフィズス菌はおよそ30種類に分類され、そのうち10種類が私たち人間の腸内から発見されています。

 

とはいっても、10種類全てのビフィズス菌がバランスよく生存しているわけではなく、生息するビフィズス菌の種類や数は、人それぞれ異なると言われています。

 

腸は「第2の脳」とも呼ばれる重要な臓器の一つです。

 

腸内環境を健康に保つために、ビフィズス菌は有効な働きをしますが、食生活の乱れやストレス、加齢によりその数は減少します。
腸内のビフィズス菌を減らさないよう、まずは生活習慣を見直し、積極的にビフィズス菌を摂取することが必要です。

ビフィズス菌の働き

ビフィズス菌の働きの1つに「腸内環境を整える働き」があります。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌が共存しています。この2つには、一方が増えれば一方が減るといった関係性が成り立っています。つまり、善玉菌が増えれば悪玉菌は減るということです。

 

ビフィズス菌により作り出される「酢酸」や「乳酸菌」には強い殺菌力があり、それにより悪玉菌の増殖を抑えることができるのです。
また、酢酸には、腸内を酸性にする作用があります。酸性に弱い悪玉菌は腸内に留まることができず、悪玉菌は減少します。

 

また、腸内が酸性になることで、腸の蠕動運動が活発になります。ビフィズス菌の働きの2つ目が「免疫力を高める働き」です。免疫細胞の7割は腸で作られ、全身に送られています。

 

ビフィズス菌が善玉菌を増やすことで、免疫細胞は刺激を受け活発化します。活発化した、強い免疫細胞は、ウイルスなどの侵入を防止します。

 

ビフィズス菌の働きの3つ目は「ビタミンを合成する働き」です。ビフィズス菌は、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKを生成する働きがあります。これらビタミンは、健康はもちろん、美容にも欠かせない成分です。

ビフィズス菌の効果とは?

ビフィズス菌がもたらす効果の1つ目は「腸内環境の改善」によるものです。
ビフィズス菌で腸内環境が整うことで、腸内で有害物質を合成する悪玉菌を減らし、便秘や下痢が改善されます。

 

また、ビフィズス菌が腸内を酸性にするため、排便を促す腸の蠕動活動が活発になり、スムーズな排便が可能になります。ビフィズス菌の効果の2つ目が「免疫力の強化」によるものです。

 

大腸には、体内に侵入したウイルスや菌を撃退する免疫細胞が7割も生息しています。ビフィズス菌が免疫細胞を強くすることで、身体の免疫力が強化され風邪や感染症にかかりにくい体質になります。また、免疫力が低下すると、花粉やほこりに身体が敏感に反応してしまい、花粉症などのアレルギー症状を発症することがあります。ビフィズス菌で免疫細胞を強化することで、花粉症やアレルギー症状も改善できると言われています。

 

ビフィズス菌の効果の3つ目が「ビタミン合成」によるものです。ビフィズス菌は血行を促進するビタミンKを合成する作用があります。血行が促進されることで、血行不良が原因のクマやクスミが改善されると言われています。さらに、ビフィズス菌にはビタミン12を合成する作用があることから、貧血を予防するとも言われています。

ビフィズス菌と乳酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌はどちらも善玉菌の一種です。

 

一般的に、ビフィズス菌は乳酸菌の一種であると思われがちですが、厳密言えば、これは誤りです。というのも、乳酸菌は「糖を分解して50%以上の乳酸菌を作る菌」と定義されています。

 

しかし、ビフィズス菌には、「糖を分解すると乳酸菌よりも酢酸を多く作り出す」特性があるのです。つまり、ビフィズス菌は乳酸菌を50%以上作っておらず、乳酸菌の定義には当てはまらないということです。

 

ビフィズス菌が作り出す「酢酸」とは、脂肪酸の一種で強い殺菌力を持ち、悪玉菌の増殖を抑制する効果があります。また、ビフィズス菌には酢酸の他にも、ビタミンB群やビタミンK、葉酸を合成します。

 

このように、身体に有益な成分を多く生成するビフィズス菌ですが、「酸素のある環境下では生育できない」という性質があります。そのため、腸内など、ごく限られた場所でしか存在することができません。

 

一方、乳酸菌は、酸素があっても生息できるため、腸内はもちろん、牛乳や漬物、味噌などの発酵食品にも含まれています。

 

善玉菌として、腸内で有効な働きをするビフィズス菌と乳酸菌ですが、その数は圧倒的にビフィズス菌が優勢で、乳酸菌はビフィズス菌の1万分の1~100分の1程度と言われています。数でみれば、乳酸機の存在など微々たるものですが、乳酸菌はビフィズス菌増減のカギを握っている重要な存在です。

 

というのも、乳酸菌は「ビフィズス菌が生息しやすい環境作り」をしてくれる重要な役を担っているのです。乳酸菌のこの働きが良好であればビフィズス菌が増え、腸内環境は健全に保たれるというわけです。

 

乳酸菌サプリのことは、ここを見るとよく分かります。

ビフィズス菌の含まれる食べ物

ビフィズス菌といえば、連想されるのが「ヨーグルト」ですが、全てのヨーグルトにビフィズス菌が含まれているというわけではありません。

 

一般的なヨーグルトは、ビフィズス菌ではなく、ブルガリア菌やサーモフィルス菌で作られているものが多いと言われています。また、ビフィズス菌の入ったヨーグルトであっても、ビフィズス菌の種類は様々です。体質に合ったヨーグルトを選ぶためにも、食べ比べすることが必要です。

 

では、ヨーグルト以外にビフィズス菌はどのように摂取すればいいのでしょう。ビフィズス菌は本来、体内で産生されるものです。ですが、食生活やストレス、加齢により作られるビフィズス菌の数は減少していきます。そこで、効果を発揮するのが「オリゴ糖」と「食物繊維」です。

 

オリゴ糖は、大豆やゴボウ、牛乳やバナナに多く含まれており、ビフィズス菌はオリゴ糖が大好物です。腸内にオリゴ糖というエサがたっぷりあれば、必然的にビフィズス菌は増えるというわけです。食物繊維もまた、ビフィズス菌を含む善玉菌のエサとなります。食物繊維は、コンニャクや豆類、海藻類に多く含まれています。

まとめ

ビフィズス菌と一言で言っても、株菌とよばれる種類によって特徴は様々です。

 

例えばよく耳にする「生きたまま腸に効く」ビフィズス菌もあれば、胃で死んでしまうものもあります。そこで目安にしてもらいたいのが特定保健食品「トクホ」です。トクホは菌が生きたまま腸に届くことの証で、消費者庁が認めているものです。

 

また、ビフィズス菌を効率よく働かせるためには、胃酸の分泌が弱くなる食後が効果的だと言われています。なお、ビフィズス菌は1週間程度で体外に排出されるため、一度にたくさん摂取してもあまり意味がありません。

 

腸内のビフィズス菌を減らさないためには、継続的にビフィズス菌やビフィズス菌のエサになるオリゴ糖、食物繊維を摂取することが必要です。


日本全国のアルバイト情報