ビフィズス菌 効果

ビフィズス菌と乳酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌はどちらも善玉菌の一種です。

 

一般的に、ビフィズス菌は乳酸菌の一種であると思われがちですが、厳密言えば、これは誤りです。というのも、乳酸菌は「糖を分解して50%以上の乳酸菌を作る菌」と定義されています。

 

しかし、ビフィズス菌には、「糖を分解すると乳酸菌よりも酢酸を多く作り出す」特性があるのです。つまり、ビフィズス菌は乳酸菌を50%以上作っておらず、乳酸菌の定義には当てはまらないということです。

 

ビフィズス菌が作り出す「酢酸」とは、脂肪酸の一種で強い殺菌力を持ち、悪玉菌の増殖を抑制する効果があります。また、ビフィズス菌には酢酸の他にも、ビタミンB群やビタミンK、葉酸を合成します。

 

このように、身体に有益な成分を多く生成するビフィズス菌ですが、「酸素のある環境下では生育できない」という性質があります。そのため、腸内など、ごく限られた場所でしか存在することができません。

 

一方、乳酸菌は、酸素があっても生息できるため、腸内はもちろん、牛乳や漬物、味噌などの発酵食品にも含まれています。

 

善玉菌として、腸内で有効な働きをするビフィズス菌と乳酸菌ですが、その数は圧倒的にビフィズス菌が優勢で、乳酸菌はビフィズス菌の1万分の1~100分の1程度と言われています。数でみれば、乳酸機の存在など微々たるものですが、乳酸菌はビフィズス菌増減のカギを握っている重要な存在です。

 

というのも、乳酸菌は「ビフィズス菌が生息しやすい環境作り」をしてくれる重要な役を担っているのです。乳酸菌のこの働きが良好であればビフィズス菌が増え、腸内環境は健全に保たれるというわけです。

 

乳酸菌サプリのことは、ここを見るとよく分かります。


日本全国のアルバイト情報