ビフィズス菌 効果

ビフィズス菌の効果とは?

ビフィズス菌がもたらす効果の1つ目は「腸内環境の改善」によるものです。
ビフィズス菌で腸内環境が整うことで、腸内で有害物質を合成する悪玉菌を減らし、便秘や下痢が改善されます。

 

また、ビフィズス菌が腸内を酸性にするため、排便を促す腸の蠕動活動が活発になり、スムーズな排便が可能になります。ビフィズス菌の効果の2つ目が「免疫力の強化」によるものです。

 

大腸には、体内に侵入したウイルスや菌を撃退する免疫細胞が7割も生息しています。ビフィズス菌が免疫細胞を強くすることで、身体の免疫力が強化され風邪や感染症にかかりにくい体質になります。また、免疫力が低下すると、花粉やほこりに身体が敏感に反応してしまい、花粉症などのアレルギー症状を発症することがあります。ビフィズス菌で免疫細胞を強化することで、花粉症やアレルギー症状も改善できると言われています。

 

ビフィズス菌の効果の3つ目が「ビタミン合成」によるものです。ビフィズス菌は血行を促進するビタミンKを合成する作用があります。血行が促進されることで、血行不良が原因のクマやクスミが改善されると言われています。さらに、ビフィズス菌にはビタミン12を合成する作用があることから、貧血を予防するとも言われています。


日本全国のアルバイト情報