ビフィズス菌 効果

ビフィズス菌の含まれる食べ物

ビフィズス菌といえば、連想されるのが「ヨーグルト」ですが、全てのヨーグルトにビフィズス菌が含まれているというわけではありません。

 

一般的なヨーグルトは、ビフィズス菌ではなく、ブルガリア菌やサーモフィルス菌で作られているものが多いと言われています。また、ビフィズス菌の入ったヨーグルトであっても、ビフィズス菌の種類は様々です。体質に合ったヨーグルトを選ぶためにも、食べ比べすることが必要です。

 

では、ヨーグルト以外にビフィズス菌はどのように摂取すればいいのでしょう。ビフィズス菌は本来、体内で産生されるものです。ですが、食生活やストレス、加齢により作られるビフィズス菌の数は減少していきます。そこで、効果を発揮するのが「オリゴ糖」と「食物繊維」です。

 

オリゴ糖は、大豆やゴボウ、牛乳やバナナに多く含まれており、ビフィズス菌はオリゴ糖が大好物です。腸内にオリゴ糖というエサがたっぷりあれば、必然的にビフィズス菌は増えるというわけです。食物繊維もまた、ビフィズス菌を含む善玉菌のエサとなります。食物繊維は、コンニャクや豆類、海藻類に多く含まれています。


日本全国のアルバイト情報