ビフィズス菌 効果

ビフィズス菌の働き

ビフィズス菌の働きの1つに「腸内環境を整える働き」があります。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌が共存しています。この2つには、一方が増えれば一方が減るといった関係性が成り立っています。つまり、善玉菌が増えれば悪玉菌は減るということです。

 

ビフィズス菌により作り出される「酢酸」や「乳酸菌」には強い殺菌力があり、それにより悪玉菌の増殖を抑えることができるのです。
また、酢酸には、腸内を酸性にする作用があります。酸性に弱い悪玉菌は腸内に留まることができず、悪玉菌は減少します。

 

また、腸内が酸性になることで、腸の蠕動運動が活発になります。ビフィズス菌の働きの2つ目が「免疫力を高める働き」です。免疫細胞の7割は腸で作られ、全身に送られています。

 

ビフィズス菌が善玉菌を増やすことで、免疫細胞は刺激を受け活発化します。活発化した、強い免疫細胞は、ウイルスなどの侵入を防止します。

 

ビフィズス菌の働きの3つ目は「ビタミンを合成する働き」です。ビフィズス菌は、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKを生成する働きがあります。これらビタミンは、健康はもちろん、美容にも欠かせない成分です。


日本全国のアルバイト情報