ビフィズス菌 効果

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は、正式には「ビフィドバクテリウム」と呼ばれる「善玉菌」の一種で、腸内に生息しています。

 

ビフィズス菌の一番の特徴は「偏性嫌気性」。

 

つまり、ビフィズス菌は、酸素の場所では生息することができないということです。
そのため、酸素のない腸内は、ビフィズス菌にとって最も適した環境なのです。
腸内には、ビフィズス菌以外にも多くの善玉菌が存在しますが、ビフィズス菌の数は1兆~10兆個にも及ぶといわれており、これは腸内に住む善玉菌の99.9%を占めます。
つまり、ビフィズス菌の数が腸内環境を大きく左右するといっても過言ではありません。

 

ところで、ビフィズス菌にも種類があることはあまり知られていません。
ビフィズス菌はおよそ30種類に分類され、そのうち10種類が私たち人間の腸内から発見されています。

 

とはいっても、10種類全てのビフィズス菌がバランスよく生存しているわけではなく、生息するビフィズス菌の種類や数は、人それぞれ異なると言われています。

 

腸は「第2の脳」とも呼ばれる重要な臓器の一つです。

 

腸内環境を健康に保つために、ビフィズス菌は有効な働きをしますが、食生活の乱れやストレス、加齢によりその数は減少します。
腸内のビフィズス菌を減らさないよう、まずは生活習慣を見直し、積極的にビフィズス菌を摂取することが必要です。


日本全国のアルバイト情報